ある野性がTATSUにインタビューする。

1)  サウス アメリカのメディアからインタビューを受ける事に対して今どんな  気持ちですか?

Tatsu : 海外のメディアから私にインタビューのオファーがある事は、

私の人生とって素晴らしいことであり、光栄なことです。ありがとう!

2) 30年間キャリアを保ってきた事を男又は人間としてどんな気持ちでいますか?

TATSU:

音楽を創作している時は時間が速く感じるので、いろいろな事がありましたが… 30年間の私のキャリアは長くて短いです。

また、音楽を続けることに執着はありませんが…最近ではその使命を感じてます。

3) ミュージシャンとしてやりたい事は全てしたと思いますか?

Tatsu : さっきまでは!lol

4)ガスタンクの正式メンバーになった何年の時ですか?

Tatsu : 確か…1983年の終わりから1984年の初めくらいだったと思います。

5)  Gastunkはどういう形で結成されたんですか?

Tatsu : 私はGastunkのオリジナルメンバーではありません。私が加入する前はメンバーチェンジも多かったです。私の知る限りでは…

確か… 1983年に、BABY(Ba/Vo)を中心にジェロニモの作曲者でもある NAOKI(G, From Comes/ 現 RIP CREAM)と MATSUMURA(D, From Comes…後にはComes解散後にGastunk加入)の3名で結成されました。

その後、OTAKEBI (後にDEAD COPSのBASS)がVoとして

加入して脱退、私はDEAD COPS解散後に加入するなど… とても複雑でした。

当時はGASTUNKに限らず、ハードコアの世界でのバンド間でのメンバーの入れ替わりは少なくはなかったです。

私の後にEXCUTE脱退したBAKIが加入、この時点でその後のGastunkの原型になるです。

そして、85’の2月に1stシングルGASTUNKがリリースされたのです。

6)どうしてスペルをGastunkからGastankへ変えたんですか?

Tatsu : 何か理由はあったはずですが… 私はどちらでも良かったので覚えてません。lol

今となっては私の人生を一言で表すことが出来る言葉の一つですが…とにかく、私は Gastunkという名前が好きではなかった…lol

7) 今ガスタンクはどっちのスペルを使ってますか?

Tatsu :恐らく…Gastunkではないでしょうか…lol

8) タツの意見では何故ガスタンクへ復活されたと思いますか?

Tatsu : 次世代のバンドの指示により解散後の過大評価と伝説化されたことが一度目の復活の成功の理由だと思います。

とにかく、99年の初の再結成は一番集客がありました。

9)  今ガスタンクはどのラベルからマネージされてますか?

Tatsu : LOVE RECORD(GASTUNK独自のLabel) です。

10)80年代にアメリカでライブを行った時がありましたが当時日本のバンドはアメリカであまり存在しなかったにもかかわらずイベントは何がきっかけで行なわれたんですか?

Tatsu: The Whiskey A Go GoでのLIVEは地元のローカルバンドの出るようなイベントに出演しただけでしたが… Long BeachのFendersのライブはMetallicaのセッティングよるものだったので、NUCLEAR ASSAULTと一緒にやることが出来ました。とにかく、LAでのレコーディング自体がMetallicaのヘルプによって行われたんですよ。

11.)The killing red addictionについて何か私達に伝えてくれる事できますか?

Tatsu :NOTHING !

12)The killing red addiction からリリースされた曲は全てガスタンクからの曲だったんですがなぜそれらの曲を選択されたんですか?

Tatsu :

私の意見ではないです。D.Tommyに訊いてください。lol

私はXの曲でも良かったのですが… XD

13) The killing red addictionはどこのラベルからですか?

Tatsu:  覚えていないです。

14)   タイジの死で The KIlling Red Addiction の活動はもう行なわれないんですか?

Tatsu : The KIlling Red Addictionの予定はないです。タイジの代わりは誰もできませんので… 私達は後任を探すつもりはありませんが… 解散したわけでもありません。

それは… もしかしたら3人で何か意味のあることが残されているのではないかと思っているからです。

確実に言えるとすれば、私達の再結成は4人共地獄に落ちた時ではないかと思います。XD

 

15) タツが好きなライブハウスは何処ですか?

Tatsu : 普段、ライブハウスに観に行くことは殆どないんです。

もう今は移転しましたが… “渋谷屋根裏”と昔の”新宿LOFT”には思い出が詰まっています。

3月10日に初めて自分で主催した30周年記念を兼ねたイベント”Violet~Electric Crazy Vo1″を行った “CLUB251″は良かったです。

あとはLIQUID ROOMも良いですね。”下北沢 SHELTER”も好きですね!

16) The Nickey and Warriorsとはどういった関係なの?

Tatsu :私はパンクのアンダーグランドシーンで最年少だったので、The Nickey and The WarriorsのNickey以外のオリジナルメンバー達には可愛がられていたんですよ。

その後… いつからかわかりませんが… Nickeyと仲が良くて彼女は私のパンク姉のような存在です。

Nickeyについては、お互いにメジャーを経験し、再びインディーズに戻り、何かが原点に戻りつつあるところが似ている様に思います。

彼女のことは30年前から知っていますが… 当時は話しかけられるような雰囲気ではなかったですよ!XD

17.  この間のライブがNickey& Warriorsと初の対バンだったんですが?

Tatsu :正確には3度目になります。最初は私の1度目の出所後の復活ライブです。

2度目はThe Nickey and The Warriorsの”IN MY HEART”発売記念ライブの時に、独りで弾き語りによるオープニングをやりました。そして ”IN MY HEART”は私が描いた曲ですので、本編で4曲共演しました。

18)  この間行なった30周年Great ライブの為にどのような準備をしたんですか?On the 10th of this month you had an anniversary concert with Auto-mod and Nickey and Warriors, you can stay ahead of what’s to come in this great event?

Tatsu :特には何もしてませんが… 今回は30周年ということなので、ゲストにはAUTO-MODとNICKEY & THE WARRIORSにお願いしました。

あとは、フライヤーのデザインを慎重に行い、自分でも行きつけのBARに持って行ったりしました。

19)  タツが 私達に薦める曲やアルバムは?

Tatsu :

“DROP DEAD MOTHERFUCKER ~ Tatsu is Here” / Tatsu

20)タツが影響されたバンドもしくは好きなバンドは? ?

Tatsu :  JIMI HENDRIX , ANDY McCOY, IGGY POP ,PJ HEAVEY, YASUYARI(MARI) HENMI, JOE STRUMMER, SID VICIOUS, SEX PISTOLS,

ANDY McCOY(Hanoi rocks)

Sid vicious

JOE STRUMMER

Tatsu and Mari Henmi

21)この間リリースされたアルバム(Somebody kill me)について何か私達に伝えてくれませんか?R ?
Tatsu :
このアルバムと前作の”Neat Neat Neat ” と前々作の “51%Mutherfucker 48%Son of a Bitch” は約13年間に自宅で録ったものの中から選曲して出来た作品です。従って、曲ごとに温度差がありますし… 音にその時の自分の状態が包み隠すことなく反映されています。また他人の為に描いた曲も多いです。作った時には、まさか自分で歌ったトラックを世に出すとは思っていませんでしたが、歳月の経過とは恐ろしく…また、人間は慣れる動物なので… 私の気持ちも変わっていました。XDその決定的な理由として考えられるのは、私は重度のヴォーカル恐怖症、Vocal Allergieにかかっているからでしょう…
22) ソロ活動をすると決めたアイデアは成功だったと思いますか?
Tatsu : 今まで、中途半端で突き抜けないシンガー達の歌を酷く罵ってきましたが… ステージで奇声を発することの出来るヴォーカルという動物は凄じいと思い始めています。そして、ステージ上で歌を歌わなければならない ソロプロジェクトのアイディアは失敗だったと思います。XDしかしながら… レコーディングに関しては自分の独りよがりの世界を突き詰める意味では楽しかったですが… フルアルバムを作る時には自分で MixとMasteringまでやることは二度としないと思います。
23) ソロプロジェクトを構成してるのは誰なんですか? 
Tatsu :
Ba. Wild Bear ,  Dr. Pazz (Gastunk)
24)  今と80年代のパンクを比べると違いは何だと思います? 
Tatsu:今のPUNKは80年代と違ってポジティヴなんじゃないかな?私達の時代は仲間は皆… 被害妄想がデフォルトでしたから…
25)日本のパンクロックに対して何を思いますか?
Tatsu : 若い奴らには新しい時代を作って欲しいと思います。その手助けならば…俺達に出来るが、時代を作るのには若さが必要不可欠ですから!
26)パンクロックが日本に上陸したのはどんな方法だったか知ってますか? 
Tatsu : 私は後から追って調べた世代で経験してませんが… 76年にZooという雑誌でNYのPUNKが紹介された時からではないかと思います。LONDON PUNKは77年にDollという雑誌から…
27) 日本以外のパンクバンドについてどう思いますか?
Tatsu: 昔の76年からのNY PUNK…77年からのLONDON PUNKは子供ながらに理屈抜きで、そのまま受け止めてますので漠然とカッコいい!80年代のLONDONからのHARD CORE PUNKは私のLIFEの原点であり、自分のギタースタイルが確率した背景であるので、私の人生に大きく反映しています。
28)タツが好きなお酒は?週にどの程度飲みますか?
Tatsu: テキーラとカシスリキュール(カシスミルク)と赤ワインです。最近あまり吞むために外出しませんが… 毎日、家では犬を相手に何か吞んでます。lol
 29)チリもしくはサウスアメリカについて何か知ってる事ありますか?
Tatsu: 忌々しい記憶と共に退屈な学校で学んだ事は全て忘れてしまいましたので…私の経験から話すと…愚かな話と思う人も居るかもしれないですが… 私が言えることは、チリの重い赤ワインは最高であり、南米の不良女性も明るくて楽しい!
30) 質問はこれまでです、最後にヒスパニックの読者もしく世界中の読者に対してメッセージをくれませんか? 
Tatsu:
私のような日本人の話を最後まで読んでくれたなら、とても嬉しいです。ありがとう!

2

Anuncios

Coméntanos tu opinión

Introduce tus datos o haz clic en un icono para iniciar sesión:

Logo de WordPress.com

Estás comentando usando tu cuenta de WordPress.com. Cerrar sesión / Cambiar )

Imagen de Twitter

Estás comentando usando tu cuenta de Twitter. Cerrar sesión / Cambiar )

Foto de Facebook

Estás comentando usando tu cuenta de Facebook. Cerrar sesión / Cambiar )

Google+ photo

Estás comentando usando tu cuenta de Google+. Cerrar sesión / Cambiar )

Conectando a %s

A %d blogueros les gusta esto: